スキップしてメイン コンテンツに移動

私と沖縄2





 えーと、どこまでお話しましたっけ?

 あ、管理教育からですね・・・


----------------------------
 琉球大学は、これまであった首里キャンパスを離れて、教養学部、農学部から移転を始めたのは1981年。私が入学した年である。

 1年生後期の教養教科も、移転した西原町千原のキャンパス(千原キャンパス)で行われるようになった。

 当時、高校の同級生数人で那覇市繁多川で1軒屋を借りて共同生活をしていたが、さすがに那覇市から通うのは大変だということで、授業の合間を見ながら、物件を探し回っていた。

 本土復帰9年目の沖縄は、まだ、ヤマトンチューへの風当たりが何かと強く、特に学生には、「親の金で遊びに来たんかい!」と言われることもあった。

 自炊が苦手な私は、できれば千原キャンパスの学生寮に入りたかったが、入寮基準を満たしていなく、しばらくの間、アパートを借りた。西原町と宜野湾市の境界付近にアパートがあった。

 首里キャンパスから千原キャンパスへ順調に移転が進む中、ちょっと気がかりなことがあった。

 それは、首里キャンパスにあった部活動用の部室が、千原キャンパスにはできない、ということだった。

 筑波大学で手腕を発揮した学生部長が琉球大学にやってきて、これまでの自由奔放な部活動・学生活動を徹底的に取り締まるということだった。

 これでは練習後の泡盛が飲めない!ってことで、運動部だけではなく、文化部も立ち上がった。 学生部当局との交渉には、学生自治会、いわゆる革マル派の幹部が動いた。

 運動部・文化部合同の抗議行動が何度となく行われ、剣道部も参加した。

 交渉の結果、部活動用の部室はプレハブを建てることで確保できたが、夜の活動制限及び飲酒禁止が条件に盛り込まれることとなった。

 琉球大学では起きなかったが、他大学で一気飲みによる死亡事故が起きていたこともあり、学内での飲酒は、当時の文部省からの指示でもあった。

 これに反発したある運動部が酒盛りをしたところ、すべての部室がつかえなくなった。見せしめである。

 首里キャンパスの頃から、学生同士で決めていた暗黙の了解は、管理教育の名の下、敏腕学生部長によって取り消され、「規則」でがんじがらめにされた。すべては、まだくすぶり続けていた学生運動家の活動を抑えこむための手段でもあったのだが。

 ま、それでも私たち学生は、知恵を出し合ってあっちこっちで酒盛りを開いてはいた。以前のようなハチャメチャなエネルギーは消失してしまったが。


 学内での抗議行動と同時進行に、私の住む場所も決まった。民間の寮である。

 宜野湾市我如古(ガネコ)。

 千原キャンパスにも近く、国道から少し入ったところに「大成寮」があった。入寮したのは、大学2年の終わり頃だったのだろうか。

 九州からやってきた学生がほとんどで、宮崎県出身者も多かった。

 建物は古く、もちろん、バスタブなどはない。シャワールームがあるだけである。沖縄らしいといえばそうだが、沖縄にいた4年間でバスタブにゆっくりつかったことは、ほぼなかった。

 それと、普天間基地にも近かった。
 当時、寮の回りには高いビルはなく、直線距離にしておよそ2Km先に、離着陸を繰り返すヘリの姿などを確認することができた。

 ほぼ毎朝、ヘリの音で目が覚めた・・・(つづく)

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…