スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

第12回NoNukes宮崎ウォーク

2012年9月28日。
  先週に引き続き、首相官邸前抗議行動と連動しました抗議行動「脱原発宮崎ウォーク」が行われました。
  第1回50人、第2回60人、第3回75人、第4回100人、第5回85人、第6回75人、第7回80人、第8回100人、第9回60人、第10回70人、第11回70人(主催者発表)が参加し、今回の第12回もおよそ70人が参加されました。
 急に機材を揃えることは出来ず、今回もデジカメの動画機能で撮影しました。ですので、記録映像はHDではなく通常映像でお届けします。申し訳ございません。
 さて、この抗議行動は、これからも続きます。どうぞ、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。  【NoNukes宮崎ウォーク】  この「NoNukes宮崎ウォーク」は、すべて個人の資格で、ひとりの市民としての参加になります。個人の想いをプラカードやシュプレヒコール、歌、楽器等で表現してください。  次回は、【10月5日】です。
・集合時間 午後6時  ・集合場所 宮崎県庁前

毎週金曜日は「脱原発宮崎ウォーク」です!

 毎週金曜日、午後6時より、「NoNukes宮崎ウォーク(脱原発宮崎ウォーク)」を開催中。

 どうぞ、ご参加ください。

・午後6時から
・宮崎県庁本館前噴水広場集合
・九州電力宮崎支社まで歩きます

ACTAについて~紙智子参議院議員

2012年9月26日。

 9月26日、宮崎市のJA AZMホール大会議室において、日本共産党主催の「緊急シンポジウム TPPでどうなる・・・」が開催されました。

 その質疑応答におきまして、パネラーの紙智子参議院議員に、ACTA(偽造品の取引の防止に関する協定)について質問しました。

 その模様を音声のみでお届けします。

いじめ

 「いじめ」「ネットいじめ」、なぜなくならないのか。

 「ソーシャルゲーム」にハマり込む未成年者が多いのは、なぜか。

 よーく考えてみてください。

 「大人社会にもいじめがある」。だから、大人社会におけるいじめをなくさなければ、子どものいじめはなくならないとする考え方があり、もっともだと思われるかも知れませんが、それは、大人の勝手な都合の良い考え方でしかありません。

 そもそも子ども社会の「いじめ」と大人社会の「いじめ」を同列に考えることが間違い。

 じゃ、どうすれば良いのか?

 子どもたちに「逃げ道」をつくってあげてください。今の状況から一時的にエスケープできるような場を。

 いわゆる「現実逃避」ではありませんが、それを「ゲーム」に求める子どもは少なくありません。

 今夜のNHKのクロ現で、130万円をゲームにつぎ込んだ馬鹿な成人はほっとくとしても、学校という狭い空間の中で、どうしてもいじめグループと接する場面が出てくる。「彼らが学校にいる」ということだけで脅威を感じる中、インターネットのゲームの世界は、誰も知らない者ばかり。その世界にやすらぎや喜びを求めることは、子どもにとって、至極当然なのかも知れない。

 ただ、ゲームの世界に「現実逃避」することは良い状態ではない。

 だから、ゲームの世界以外に、子どもたちが「逃げ込むことができる場所」を設ける必要があるでしょう。

 大人には「居酒屋」という息抜きの場がある。

 子どもには「ゲーム」を与えておけば良いとする安易な考え方ではなく、自分たちがコドモダッタコロを考えれば、答えは出てくるはず。

 私たちが子どものころは、「山学校」を良くしていた。そのころにも「いじめグループ」はいたが、彼らから逃れるために、わざわざ遠回りをしてちょっとした山に逃げ込み、ボーッと過ごしていた。寝転がって空を見ていた。

 たまに、山の持ち主のじーちゃんと話をしたり、柿やみかんをもらったりもした。なんか、そういった時間を過ごせたことがうれしく、じーちゃんと話をするうちに、「明日もがんばろう!」と思ったものである。

 今は「山学校」する場所も環境もないが、学校・家庭といういつもの場所を離れて、あれこれと考えたり、知らない大人と話をしたりと、世間から見れば「無駄な時間」に見えることこそ、大切なのかも知れません。

 心の…

2012みやざきフェニックス・リーグ

2012年9月24日。

 プロ野球の若手選手による秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」が今年も開催されます。

これまでにも他県で教育リーグが開催されてきましたが、12球団が一堂に集うのは、宮崎だけです。

入場料も無料となっておりますので、是非球場にお越し頂き選手への熱いご声援をお願い致します。

【主 催】
社団法人日本野球機構
イースタン・リーグ  ウエスタン・リーグ
みやざきフェニックス・リーグ支援実行委員会

【期間】
2012年10月8日(月・火)~29日(月) 22日間

【参加チーム】
<イースタン・リーグ7球団>
読売ジャイアンツ、千葉ロッテマリーンズ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、 埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス
<ウエスタン・リーグ5球団>
中日ドラゴンズ、阪神タイガース、オリックス・バッファローズ、福岡ソフトバンクホークス、広島東洋カープ
<韓国プロ野球3球団>
斗山ベアーズ、 ハンファイーグルス、 LGツインズ
<四国アイランドリーグplus選抜>

【開催地】
宮崎市、西都市、日南市、日向市、串間市

【使用球場】
アイビースタジアム、生目の杜第2野球場、サンマリンスタジアム宮崎、清武総合運動公園野球場、 久峰野球場(佐土原)、 西都原運動公園野球場、日南市天福野球場、南郷スタジアム、お倉ヶ浜総合運動公園野球場(日向)、串間市総合運動公園野球場

【通常・試合開始時刻】
12:30開始(一部、試合開始時刻に違う試合あり)

【試合日程】
全144試合 

【入場料】
  無料

【関連サイト】
2012年みやざきフェニックス・リーグ 開催要項(NPB)


2012年みやざきフェニックス・リーグ(宮崎市観光協会)

市民メディア



 今回の「脱原発ウォーク」に限らず、大手マスコミ及び地元マスコミが伝えてこなかったことは、過去にも数多くあります。

 マスコミは何のために、誰のために存在しているのか?

 その存在意義を見失っているマスコミがほとんでではないかと思います。逆に、変な使命感で、「俺達、報道機関が伝えてやる!」みたいな意識で動いているマスコミに何度振り回されたことか!

 口蹄疫の取材において、情報の裏取りもしないで報道したUMKテレビ宮崎。おかげさまで誰も望んではいなかった支援物資約1トンが、川南町役場へ。謝罪も何もなし。

 新燃岳災害報道。個人宅の庭に、あいさつもなしにヅケヅケと入り込む若い報道機関のスタッフ。家主様や私たち災害ボランティアの許可も取らずに、邪魔になる現場で撮影。もちろん、ボランティア・リーダーの私は、取材中止を申し入れ、出ていってもらった。いたってKYなテレビ朝日のスタッフであった。


 今回の「脱原発ウォーク」には、まったく報道機関が来なかったわけではなく、地元・MRT宮崎放送がやってきた。

 しかし、その取材態度はいたって横柄。
 参加者の許可も取らず近撮。大声で指示を出す馬鹿。広い場所なのに、わざわざ隣に割り込んで撮影するカメラマン。お前ら何様だ?という感じの若いスタッフであった。

 それでも、彼ら報道機関にすれば、「取材しましたよ」という既成事実を作ったからそれいいでしょう? という感じではないでしょうか?

 それで報道機関としての「使命」が果たせるのか?

 報道機関は、誰のために、何のためにあるのか?

 宮崎には、ジャーナリズムは存在するのか?

◇◇ 果たして、宮崎には「ジャーナリズム」はあるのでしょうか?

 ということですが、「ジャーナリスト」って、何も特別な職業ではなく、特別な技術を持った人種でもありません。

 報道機関が「ジャーナリズム」を名乗るのにはかなりの違和感があり、その報道機関で報道に携わる人間は「ジャーナリスト」と呼ぶには、ほど遠いものがあります。

 お給料をもらい、上から言われてことしか取材しないし報道しない。

 そのようなサラリーマン的な報道人は、「ジャナリーマン」である。

 ジャナリーマンであれば、「脱原発ウォーク」を取材しない理由が分かる。
 スポンサーにとって不都合な取材だからである。



 宮崎だけではなく、今の日本に「ジャーナリズ…

ジャイアンツ3年ぶりリーグ優勝 パブリックビューイング@宮崎

2012年9月21日。

 読売ジャイアンツのキャンプ地である宮崎市では、リーグ優勝が決まる9月21日の東京ドームでの対ヤクルト戦を応援しようと、宮崎駅前拠点ビルKITENでパブリックビューイングが行われました。

 スマートフォンでの撮影のため、映像の乱れ及びアングルのおかしい映像がありますことをご了承ください。

平成24年秋の交通安全運動スタート!

9月21日(金)から30日(日)までの10日間、「平成24年秋の交通安全運動」が始まります。
 宮崎県では、以下のことに取り組みます。

◯運動の基本:「子どもと高齢者の事故防止」
・重点1 夕暮れ時と夜間は、歩行中や自転車乗用中の交通事故に注意しましょう。
・重点2 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しましょう。
・重点3 飲酒運転は絶対にやめましょう。
・重点4 てげてげ運転を追放しましょう。(県独自の取組)
・重点5 セーフティエコドライブの推進(県独自の取組)

 詳しくは、「平成24年秋の全国交通安全運動について」をご覧ください。

STOP!違法ダウンロード

 9月14日から、「STOP!違法ダウンロード」のキャンペーンが行われているようです。

【参加団体】
 日本レコード協会
 日本音楽事業者協会
 日本音楽制作者連
 日本音楽出版社協会
 日本芸能実演家団体協議会実演家著作隣接権センター
 演奏家権利処理合同機構MPN
 映像実演権利者合同機構

 上記の7団体が、「STOP!違法ダウンロード広報委員会」を設立し、10月1日施行の改正著作権法のうち、いわゆる「私的違法ダウンロードの罰則化」に関する啓発活動を行なっています。

 詳細は、下記の特設サイトにまとめられていますので、どうぞ、ご覧ください。


「STOP!違法ダウンロード」啓発キャンペーン特設サイト


さて

 また明日からがんばろう。

 以上。


あと半月

2012年9月15日。

 「改正著作権法」の施行まで、あと半月となりました。

 10月1日以降、「違法ダウンロードの刑罰化」がどのように行われていくのか。それに対抗するため、施行される前のこの残り半月で、我々は何をしなければならないのか。そういうことをお話します。
--------------------------------
 ということで、昨夜の放送では、この10月以降、著作権がどーなっていくのかということについて話をしました。

 何かと「ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)」が取り沙汰されていますが、このACTAを発効させるための「国内法」の手当てはすでに終わっております。
 まずは、10月1日施行予定の「改正著作権法」です。  ご存知にように、「違法ダウンロードの刑罰化」が新たに始まります。条文がザル法状態なので、未だに「YouTubeを観ただけで逮捕される可能性」があります。
 文科省・文化庁等では、この点を一切触れることはなく、場合によっては中高生も逮捕されるという事態になりえます。
 その後、11月1日には「サイバー犯罪条約」が発効します。
 国際的なサイバー犯罪を取り締まるという大義名分のもと、「インターネットの監視強化」が始まります。  まずは、「違法ダウンロードの刑罰化」まで、あと半月しかないということです。
 それまでに何をしておくべきか・・・

 あまりここでは言いたくはありませんが、「ダウンロードできるうちに、片っ端からダウンロードしておくこと」です。
 それに尽きるかと思います。
 それと、「自宅サーバー構築のための準備」を始めることですね。
 すぐに自宅サーバーを立ち上げることはできなくても、自宅サーバーを構築するための準備や勉強をすることで、インターネットのしくみを学ぶことができます。これは有益ではないかと思います。  政府・与党の政策に対して、国民が対策を考えるなど、なんか変な話ですが、こと今回の件に関しては、すべて「インターネットの自由を守る」ためです。  あと、半月です。

国民の生活が第一、宮崎県連立ち上げ 外山議員へインタビュー

2012年9月14日。

 9月14日、国民の生活が第一は、宮崎県連を立ち上げました。

 記者会見には立ち会えませんでしたが、「NoNukes宮崎ウォーク」に参加されました外山イツキ参議院議員にインタビューを行いました。

 カメラのアングルがよくありませんが、ご了承ください。

------------------------------------------
 ということで、宮崎県庁記者室での記者会見には間に合いませんでしたが、FBで外山イツキ議員がNoNukes宮崎ウォークに参加されるということで、事前にインタビューを申し込み、現場で約2分ほどお話をいただきました。

 626人の党員及びサポーターで船出をしたということで、今後、宮崎の政局にどのような影響を与えるのか、注目していきたいと思います。



【首相官邸前抗議行動連動】第10回NoNukes宮崎ウォーク

 先ほどまで記録用の映像を編集していました。

----------------------------------
2012年9月14日。

  先週に引き続き、首相官邸前抗議行動と連動しました抗議行動「脱原発宮崎ウォーク」が行われました。

  第1回50人、第2回60人、第3回75人、第4回100人、第5回85人、第6回75人、第7回80人、第8回100人、第9回60人(主催者発表)が参加し、今回の第10回はおよそ70人が参加されました。

 保守色の強い宮崎県にあって、個人の資格で参加する方々が増え、この抗議行動が10回も続くことは歴史的なことではないかと思います。

 今回、国民の生活が第一の外山イツキ参議院議員も参加され、冒頭と終わりにインタビューを行いました。その模様も収めています。

 急に機材を揃えることは出来ず、今回もデジカメの動画機能で撮影しました。ですので、記録映像はHDではなく通常映像でお届けします。申し訳ございません。

 さて、この抗議行動は、これからも続きます。どうぞ、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

 【NoNukes宮崎ウォーク】
 この「NoNukes宮崎ウォーク」は、すべて個人の資格で、ひとりの市民としての参加になります。個人の想いをプラカードやシュプレヒコール、歌、楽器等で表現してください。

 次回は、【9月21日】です。

・集合時間 午後6時
・集合場所 宮崎県庁前
----------------------------------

 これからも続けていきましょう。

 多くの市民の皆さんのご参加をお待ちしております。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。


いじめの背景

2012年9月13日。


  元教員として、今の宮崎県の教育について熱く吠えました。


   どうぞ、ご覧ください。

ありがとう、一本松。

 昨日9月11日で東日本大地震から1年半。

  そして、今日9月12日、岩手県陸前高田市の「希望の一本松」がその生涯を終えます。

  昨年、宮崎市災害ボランティアの一員として、陸前高田市でお世話になりました。

 ボランティアセンターから現場への行き帰りに、何度となく「一本松」を見てきました。

 わずか2週間ではありましたが、その一本松が切り倒されて保存のための処置をされて、同じ場所に保存されるというお話を聞き、本当は現場へ足を運びたかったのですが、ごめんなさい。行けません。

 一本松、お疲れさまでした。


 そして、来年2月、また会いましょう。

誰かに話すことで

おはようございます。

 新しい朝がやって来ました。希望の朝でしょうか?

 9月16日まで「自殺予防週間」です。

 昨夜もちょこっとご案内しましたが、誰かに話すことで、気持ちが落ち着くこともございます。

 一人で考え込むことなく、どうぞ、周囲の方にお話されてください。

 どうしてもそれができない場合は、私にお話ください。

 解決策は出せないかも知れませんが、自殺未遂を図った人間として、お話をお聞きすることはできるかと思います。

【携帯電話】080-5603-9244
【スカイプID(PC用)】misternory
【スカイプID(スマホ用】skywalkernory

 生きていればいろいろあります。 生きていれば、楽しいこともやってきます。 「生きていて良かった」と後になって思うものです。私もそうです、いま、「生」の実感を味わっています。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

私のことを・・・

街頭署名活動53回目 posted by (C)cyber



なんか,「大谷の言っていることがよく分からん。右翼なんか?左翼なんか?それとも日和見派?なのか」って声が聞こえてきそうですが・・・

 そういった皆さんには、このように説明しています。


 私は鳥です。
 何者にも左右されずに自由に空を飛びたい。
 あなたは空を飛びたくないですか?自由が欲しくはないですか?

 って。



 たいていの人は、口を開けてポカンとしていますね。

 鳥って、右翼だけでは空を飛べない。

 もちろん、左翼だけでも空を飛べない。

 空を飛ぶことを諦めた鳥もいるけど、右翼と左翼のバランスがとれなければ空は飛べない。

 それと同じこと。

 いろいろな考え方を吟味していかなければなりません。

 皆さんは、本当の自由は欲しくありませんか?

 でも、「本当の自由」が何なのか、私にも分かっていませんがね。

 はい、終わり。

 今日もよろしくお願いいたします。



 あ、谷垣さん、総裁選、出なんですね。
 なんかなー、自民党

「オスプレイ配備反対沖縄県民大会」が良く分からない件について

海20120824 posted by (C)cyber


◇ なんか、良く分かりません。

 私は馬鹿なんでしょうか?

 あ、たぶん、私は馬鹿なんでしょうね。

 人間が作り出すマシンですから、当然、事故も起こすでしょう。トラブルも起きるでしょう。であれば、改善するとか、パイロットの訓練を見直すとか、やることはあるはず。

 でも、オスプレイの圧倒的な制空能力を考えれば、オスプレイ配備は、十分に中国への脅威となりえます。

 そこは誰も言及しない。

 なんで?

 私だけ分かっていないってこと?



 一つの反対運動に集中すると、他のことが見えなくなってしまう。
 これ、私の反省です。


 「TPP反対!」「脱原発!」って動いてきた裏側で、政府・与党がこっそりと進めようとしている監視社会づくり。

 これは一つの例に過ぎませんが、どうしても「オスプレイ配備反対」は中国に有利に動いていきそうな感じなのですが、そこには誰も気づいていないってことでしょうか?

 領土問題だけではなく経済的にもその存在感を強力に示していこうとしている中国の影に気づけば、逆に、オスプレイ配備は対抗策として十分に機能するのですが。


◇◇
  コレは巷でよく言われることですが、オスプレイの危険性を声を大にして言うのであれば、車はどうなんですか?

 車は下手をすれば走る凶器、一度に多くの命を奪うこともできるマシンになり得るのです。交通戦争と言われて久しいですが、それでも年間およそ6000人が交通事故で命を落としているのです。

 「飲酒運転撲滅」を抱えて関係者は動いていますが、全然なくなろうとしない。尊い命が奪われていく。

 ま、「オスプレイ配備と交通事故を同列で話すな!」と言われそうですが、交通事故で命を奪われるのもイヤですし、中国の侵攻で命を奪われるのもイヤです。

 オスプレイ配備反対は、日本の防衛はドーデモ良いとお考えなのでしょう。

 私の弟は、毎日、仕事をしながら、即応として訓練に馳せ参じております。何のために?自分たちの国を守るためにです。そんな弟を誇りに思っております。

【ネットリサーチ中!】国歌「君が代」までも韓国起源と主張する学長先生はどうしましょうか

 現在、livedoorでネットリサーチを行なっています。
 お時間のある方は、どうぞ、ご参加ください。

----------------------------------
 『君が代』といえば、言わずと知れた日本の国歌だ。学校の入学式、卒業式などの行事やワールドカップやプロ野球の開幕戦などで歌われる。

 だが、そんな日本の歌である『君が代』を、「君が代の起源は韓国」と韓国の慶一大学校総長、李南教(イ・ナムギョ)氏が主張しているのをご存知だろうか。
(出典「韓国大学総長が「君が代は “キム家の世の中” という意味」と主張 / 大学総長「天皇はもともと韓国人のキム氏」)
http://news.livedoor.com/article/detail/6928996/

 今度は、大学の学長がトンデモナイ韓国起源説を主張し始めました。

 さて、どうしましょうか?





今に始まったわけではないが、おかしいぞ日本共産党

 今に始まったわけではありませんが、日本共産党、何考えてんねんってことで。
 以下、FBに書いたことをこちらにも転載します。


--------------------------
 日本共産党が、9月26日に宮崎市で行う緊急シンポジウム「TPPでどうなる 口蹄疫復興、食料、暮らし、雇用、医療…」に噛み付いています。

FBのイベントページにもコメントしましたが、ちょっとおかしいですよ、日本共産党さん。

 TPPは農業、食糧、医療、雇用、暮らし、公共事業だけに影響を与えるだけではありません。大手マスコミが伝えなかった、先日批准を承認した「ACTA(偽造品の取引の防止に関する協定、模倣品・海賊版拡散防止条約)」とも大いに関連があるのです。

 新党きづなの斉藤やすのり衆議院議員は、衆議院本会議後のインタビューで、ACTAはTPPと大いに関連があると話し、「ACTAが1であればTPPは100倍危険である」とのこと。

 そのTPPへの道を開くACTAを、なんと日本共産党の参議院議員6名は、誰一人として「反対」することなく、批准を承認しているのです。この矛盾は一体何なのでしょうか?緊急シンポジウムで説明できるのでしょうか?

 緊急シンポジウムでは、紙智子参院議員が基調報告を行う予定のようですが、もちろん、彼女も参議院本会議で「賛成」しています党議拘束があったのでしょうか?

 10月1日「改正著作権法」施行、11月1日「サイバー犯罪条約」発効と続き、今後、「秘密保全法案」「マイナンバー法案」等も審議されます。

 批准された「ACTA」は、2013年5月までに発効させようということですが、このような状況を日本共産党は指を加えて見ているのでしょう。

 というか、「しんぶん赤旗」では、自衛隊の情報保全隊による違法な個人情報収集のことを取り上げていますが、今後、その違法な個人情報収集が、これらの法律・条約によって合法化・特別秘密化されようとしていることに気づいていないのでしょうか?

 党として大いなる矛盾があることに気づいていないのでしょうか?

 民主党、自民党は馬鹿ですが、「永遠の野党」日本共産党も同じだったのですね。としか言いようがありません。

 もう少し、物事を見る目があれば、どこに矛盾があるのか、日本共産党だけではなく、我々無党派の人間のほうがよっぽど気づいているってことです。


 も…

8月29日衆議院外務委員会でのヒソヒソ話

 田中眞紀子外務委員長と玄葉光一郎外務大臣の会話を、YouTubeにアップされた動画を元に文字起こししてみました。





  動画の冒頭30秒ほど大音量にご注意ください。


 なお、文字起こしに当たっては、「#ACTA 外務委員会で動画に残る田中委員長と玄葉外相の会話(委員長は偽造品防止と信じて疑わず)」を参考にさせていただきました。




【2012.8.29 衆議院外務委員会】
田中委員長:金曜日、何時頃ですか、時間。事務方:例えばもう与党だけになりますんで 田中委員長:事務方が言ってきたの。事務方:いえいえ 田中委員長:署名してるって言ってたよね、大臣が。大臣やりたいの。大臣、大臣、金曜日にACTAの集中審議やります。署名したんだ。 私、知らなかった。私、小泉さんのとき、模造品の話がでたの、よく知ってる。だけど、私は、ていねいな議論が必要なの。これは必要なの、絶対に。通さなきゃいけないんだけど。
田中委員長:今週の金曜日?玄葉外相:定例です。田中委員長:何日?事務方:29事務方:30、あ、31田中委員長:31
田中委員長:この歳で、アメリカから来るの生まれて初めて。(聞こえづらい)じっくりやったほうがいいんじゃない、質問。大臣は、時間はどれぐらい取れるんですか。
玄葉外相:それはもう、とりかた次第です。
田中委員長 最低、同じくらいまでやって、最低、同じくらいまでやればいい。事務方:何と?
田中委員長:参議院と
事務方:参議院と同じくらい。分かりました。田中委員会:いかがですか。
事務方:そこちょっと調整します、時間は。
田中委員長 いつから外国行くんでしたっけ。どこ行くんですか。何日間、2日間くらい。
(聞こえづらい)

田中委員長:やっぱね、ちゃんと言ったほうがいいと思うの。肉声で。フェイス・トゥ・フェイスで。      抑えが効かないのよ。
玄葉外相:中国?
田中委員長:うん、ああ。(聞こえづらい)聞いていないのよ。民主党が嫌だって動きもあるしね。難しい。(聞こえづらい)◯◯さん、気の毒よ。
玄葉外相:なんか僕が聞きたい・・・・・(聞こえづらい)
田中委員長:でもね、◯◯に言ってもダメね。アメリカに言ってもダメね。      上のほうの人に、よく言ってあげる。  人は呼ばないと。

【ACTA阻止!】WWで活動展開しよう!

 現在、9月6日の衆議院本会議での「ACTA」採決阻止のために動いているのですが、最悪のことも考えておかなければなりません。

 今回、衆議院本会議で「ACTA」批准への承認が可決されれば、ACTA第1号の批准国となります。日本が提唱した条約なので、何が何でも第1号で批准したいのでしょう。

 しかし、このACTAが発効するためには、6か国の批准が必要となります。

 現在、ACTAに署名を済ませている国は、日本、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、モロッコ、シンガポール、米国、カナダの8か国です。

 ただ、欧州連合(EU)は署名しましたが、ご存知のように市民による大規模なデモが発生し、欧州会議でACTAは否決されました。

 また、メキシコも今年の7月に署名したのですが、こちらも国内事情で批准しない可能性が高いようです。


 前述の8か国のうち、3か国が批准しなければ、このACTAは発効しません。

 では、批准しない可能性にある国はどこか。

 アメリカは議会にかけることなく、大統領が批准権を持っているので、いつでも批准できる状況にあります。

 カナダは「北米連合」というカタチでアメリカと行動を共にするので、同じく批准するでしょう。

 残るは、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、モロッコ、シンガポール。

 シンガポールのリー・シェンロン首相は、2011年11月、野田佳彦がTPP交渉参加の意向を伝えたところ、歓迎の意を表したことから、「日本が批准したなら」とACTA可決に傾斜するようです。

 で、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、モロッコ。

  このうち3か国が批准しなければ発効しないのですが・・・

 この4か国の国内事情が掴めないところですが、欧州や日本と同様に市民が立ち上がり、反対運動の展開しだいでは動きも変わってくるのではないかと思います。


 日本がこうなった以上、現在、韓国との関係は良はくないのですが、残る4か国の国民に対して、インターネットを通じて、反ACTAの抗議行動を起こすように呼びかけていくしかないかと思います。


 現地邦人等を通じて情報を収集するか、外国語に強い方を通じて、情報交換を進めていきましょう。

 悲しいかな、それしか手段はないのではないでしょうか。


 なんとかして、このACTAを闇に葬りましょう。


【追伸】
 先ほど開会された衆議…

サイバー犯罪条約

 私、うっかり見逃していたのですが、2012年11月1日に「サイバー犯罪条約」が発効します。

 その条約の中で、ちょっと曲者の条項があります。

サイバー犯罪条約
 2012年11月1日に日本国について効力が生じる。
 2012年(平成24年)7月4日外務省告示第231号

第二十一条 通信内容の傍受
 特定の通信の通信内容について、
 リアルタイムで当該通信内容を収集し又は記録することを、
 サービス・プロバイダに強制する権限を与えるため、
 必要な立法その他の措置をとる。

 おい、「改正著作権法」「サイバー犯罪条約」「ACTA」の合わせ技でナンボってことか?

 うーん。外務省や玄葉外務大臣が「ACTAには問題はない」って言っても、ほかでやっていればねえー。

 そういうことのようです。

【宮崎駅前ミニボートピア誘致問題】宮崎市、ミニボートピア設置を決める

昼下がりのあみーろーど4 posted by (C)cyber




 9月5日の宮崎市議会一般質問で、徳重淳一議員(社民党)の「宮崎駅前自治会と宮崎駅前商店街の意見が集約できなかったことで、今後、宮崎市はどのように対応していくのか」という質問に対して、戸敷 正宮崎市長は、「これ以上、駅前自治会と駅前商店街の対立によって、まちづくりに支障をきたすおそれがあるので、ミニボートピア設置を進めていく」と答弁しました。

 答弁で戸敷市長は、自治会と商店街が行った投票結果を出し、自治会では設置賛成105、反対27、駅前商店街では設置賛成15、反対22で、トータルで賛成120、反対49となり、賛成が多数であることを理由にあげました。

 また、徳重議員は、自治会と駅前商店街が行った署名活動の総数を質問しました。

 回答した関係部長によると、自治会が集めた賛成署名は4392筆、駅前商店街が集めた反対署名は5882筆。

 署名数では、駅前商店街のほうが多かったのだが、あくまでも地元の賛成数を優先。

 この賛成数を元に、戸敷市長はミニボートピア設置で駅前通りを活性化したいと答弁。

 また、この地元の賛成数に問題はないかと徳重議員が自治会加入世帯数を質問したが、従来通りの答弁に留まった。

 それによると、平成23年度の自治会加入数は350、平成24年度は232(賛助会員31を含む)で、1年間でおよそ120世帯が自治会から脱会するのはおかしいと徳重議員は質した。

 これに対して関係部長は、自治会名簿は確認済で、自治会内にある大型マンションからの脱会者が多かったことを自治会から聞いている、としている。


 今後、宮崎市は、ミニボートピア設置に向けて、関係自治体との協議に入るとのこと。


 地元だけではなく、宮崎市民の「反対」の意志を無視して、公営ギャンブルでまちづくりを強引に進めようとする宮崎市に違和感を覚える。

 しかし、取材先で駅前商店街の関係者が話していた「大谷さん、大丈夫じゃが」の言葉も、今となっては虚しく聞こえる。


 今後は「行政裁判」ということも考えられるが、そこまでの体力が駅前商店街にあるかどうかは無知数です。


 それよりも何よりも、反対に向けて努力してきた地元や宮崎市民の皆さんに対して、駅前商店街の関係者はどう応えるのでしょうか。

【9.6ACTA採決阻止!】ツイッターからの情報

 通常、衆議院の本会議は、火・木・金曜日に行われるようです。

 以下、ツイッターから
----------------------------
9月6日になったようです。ソース→ RT @tokyo_satokei: ACTAは6日の衆院本会議で採決するようだ。与党単独で強行するわけか。反対する民主党議員も少しはいるようだが、可決、成立は動かないところ。今の政府民主党は本当にムチャクチャだな。
----------------------------

 阻止スべく、また、FAX作戦です。

 ご協力をよろしくお願いいたします。


@tokyo_satokeiさんは、東京新聞の記者。やっと記者が声を上げ始めたことで、このACTAのことが分かる。

現役国会議員、政党人は、何をしているのだ?

「本当の民主主義」ってなんだろう?

 この写真を観て、気づかされました。

 欧州会議での議員さんたちの表情です。皆さん、心から喜んで笑っているようです。

 日本の国会はどうでしょうか?

 「しかめっ面」と「居眠り」・・・

 さて、本国会。衆議院本会議で「ACTA」を強行採決しようと企んでいる政府・民主党の皆さんは、国民に対してどのような顔を見せるのでしょうか?


 国民は見つめています。


ACTA(偽造品の取引の防止に関する協定)全文

Anti ACTA! posted by (C)cyber




偽造品の取引の防止に関する協定

この協定の締約国は、知的財産権に関する効果的な執行が経済成長を全ての産業において、かつ、世界的規模で持続させるために不可欠であることに留意し、更に、偽造品及び違法に複製した物品並びに知的財産権を侵害するものを頒布するサービスの拡散が正当な貿易及び世界経済の持続的な発展を損なわせ、 権利者及び正当な事業に対して金銭上の著しい損失をもたらし、並びに場合により組織犯罪に収入源を提供することその他の危険を公衆にもたらすことに留意 し、国際協力の強化及びより効果的な国際的な執行を通じてそのような拡散を阻止することを希望し、各締約国の法律上の制度及び慣行の相違を考慮した知的財産権の行使のための効果的かつ適当な手段であって貿易関連知的所有権協定を補完するものを提供することを意図し、知的財産権に関する執行のための措置及び手続自体が正当な貿易の障害とならないことを確保することを希望し、知的財産権の侵害(デジタル環境において生ずる侵害を含む。)の問題に対処すること、特に、著作権又は関連する権利については、関係する権利者、サービス・プロバイダ及び利用者の権利及び利益を均衡させるような態様で当該問題に対処することを希望し、デジタル環境における関連する侵害に対処するため、サービス・プロバイダと権利者との間の協力を促進することを希望し、関係国際機関において実施される国際的な執行に係る業務及び国際協力と相互に補完的な態様でこの協定が運用されることを希望し、世界貿易機関の第四回閣僚会議において二千一年十一月十四日に採択された知的所有権の貿易関連の側面に関する協定及び公衆の健康に関するドーハ宣言に定める原則を認めて、ここに、次のとおり協定する。


第一章 冒頭の規定及び一般的定義
第一節 冒頭の規定
第一条 他の協定との関係 この協定のいかなる規定も、既存の協定(貿易関連知的所有権協定を含む。)に基づく締約国の義務であって他の締約国に対して負うものを免れさせるものではない。
第二条 義務の性質及び範囲 1 各締約国は、この協定を実施する。締約国は、この協定に反しないことを条件として、この協定において要求される知的財産権に関する執行よりも広 範な執行を自国の法令において実施することができる。各締約国は、自国の法律上の制…