スキップしてメイン コンテンツに移動

弾圧には屈しない



 Avaaz.orgからの最新情報です。

 どうぞご覧ください。

---------------------------
皆さま

抑圧的な政権がAvaaz関係者を拘束するという、恐ろしい事態が起きています!

先日のキャンペーンでもお知らせした通り、トルコでは警察がAvaazスタッフのオズレムを勾留しています。さらにインドネシアでは、Avaazキャンペーンに署名したというだけで、兵士らが男性を投獄しました!また過去にはエジプトやパレスチナでもAvaazスタッフが拘束されています。

でも私たちを脅迫して黙らせようとしても、絶対にそうはさせません。

Avaazのスタッフやメンバーが逮捕されたら、私たちは優秀な弁護士に依頼、メディアにも大きく報じるよう働きかけます。こうした脅迫が起こるたび、私たちはそれを逆手にとって、政権に批判的な人々が迫害される実態を暴露する大規模キャンペーンを展開していくのです。

Avaazならば、こういった事態にわずか数時間で、しかも数百万人規模で対応することができます。私たちの口封じをしようとしても無駄なこと、そして「まずい相手を敵にしてしまった」ことを、世界各地の暴君たちに知らしめましょう!

そんなAvaazムーブメントは、メンバーの皆さまからのご寄付のみで成り立っています。それ以外は、一切誰からも資金援助を受けていないからです。トルコでは、今日から6日以内に勾留中のオズレムの控訴審が始まります。1万人のメンバーの皆さまからご寄付が集まれば、オズレム釈放に向けた取り組みを強化した上、世界各地で起きている弾圧に対し批判の声を上げるAvaazムーブメントを守っていくことが可能になります。

トルコやエジプト、ロシアでは、活動家がでっち上げの罪で相次ぎ拘束されています。でも私たちは、こうした事態にどう対応すべきか心得ています。Avaazスタッフのウィッサムがエジプトで拘束されたとき、私たちはメディアに働きかけ事件を大きく報じてもらうことで、ウィッサム解放へと導きました。そして、独裁色を強めるエジプト政府についても警鐘を鳴らしたのです!

けれど私たちのムーブメントが効果を発揮すればするほど、より多くの敵もまた生まれてしまいます。つまり、Avaazスタッフを含む活動家が拘束されるリスクもまた高まるということです。そうなれば、下記をはじめとした取り組みをさらに強化する必要がありますが、それにはますます多くの資金が必要になります:
  • 緊急対応のキャンペーンを展開する
  • 優秀な弁護士に依頼する
  • インパクトある意見広告を出す
  • 世界各地の大使館前でデモを開催する
  • スタッフや関係者が拘束された国にチームを派遣する
私たちは現在もオズレム解放に向け、根気強く働きかけ続けています。彼女は人権擁護活動家であって、犯罪者などではありません!オズレムが今日も刑務所で1日を過ごさなければならないということは、Avaazムーブメントにも暗い影を落としています。世界各地で声を上げる人々を守るため、どうか寄付にご協力いただけますようお願いします。

海洋保護から気候変動防止、そして基本的人権の擁護に至るまで、Avaazメンバーによる大胆不敵な取り組みは、国際的知名度を高めつつあります。世界中のみんなで一致団結し、その力をますます強くしていきましょう。

希望と決意を込めて

アリス、エマ、オリー、スピロ、マルティナ、リッケン、そしてAvaazチーム

P.S. 寄付をご検討いただいている皆さま、Avaazへの寄付がどのようにいかされているか、5つのポイントをご覧ください:

1)寄付が直接「社会変革」につながる - 往々にして大規模な慈善団体というものは、資金を確保するため、街頭や電話で募金を募ったり、テレビ広告で寄付を呼びかけたり、豪華なファンドレイジング・パーティーを開催したりなど、ファンドレイジングに高額な費用をかけています。ファンドレイジングのコストを15%以内に収め、素晴らしい活動を展開している慈善団体もありますが、中には上記の方法で集まった資金のうち、相当な額(50〜100%になることも!)をファンドレイジング自体の費用にかけ、そもそもの慈善プログラムにはほとんど資金を回すことのできない団体もあります。しかも、ファンドレイジングを外部に委託した場合、お金の行き先は民間企業などです。でもAvaazは違います。寄付を募るのはメールにてのみで、そこに費用はほとんどかかりません!

2)「透明性」が組み込まれたAvaazモデル - すべてのAvaazキャンペーンは、メンバーへのアンケートを行い統計をとってから、コミュニティ全体として何をすべきかを決定します。つまり、ご寄付をいかして週ごとにどのような活動を行うかは、コミュニティの皆で決めるということであり、透明性を確保することができます。またそれぞれのキャンペーンの規模を決定するのも、参加するメンバーの数だけです。このように参加者自身が決められる組織は、世界でもAvaazだけかもしれません。

3)他にはない戦略で切実な課題に取り組む - Avaazは類まれな存在です。これほどグローバルかつ大々的に多言語でキャンペーンを展開、さまざまな課題に素早くかつハイテク技術をいかして取り組んでいる組織は、世界でも私たちAvaazだけです。しかも世界中の至る所に、取り組むべき課題があります。キャンペーンを通じて世界の注目を集め、効果的な戦略で実際に変化をもたらしてきたAvaazチームのもとには、毎週のようにさまざまな他団体からの働きかけがあります。

4)実際に変化をもたらす - ここまでお読みいただいた皆さまは、おそらくいくつかのAvaazキャンペーンにご参加いただき、キャンペーンがどのような変化をもたらしてきたのかをご存知ではないかと思います。よろしければハイライトのページから、ほんの一部ではありますが、これまでに私たちAvaazコミュニティが共に成功させた100以上の事例をご覧ください。また私たちは、簡単に成功できる課題にだけ取り組んでいるのではありませんし、やってもいないことをやったと主張しているわけでもありません。大規模な草の根運動の他に、Avaazでは「世界屈指」といっても過言ではないアドボカシーチームがさまざまな国際会議や関係者らに働きかけ、世界中の人々の声が政策に反映されるよう取り組んでいます。

5)Avaazは素晴らしい - 「言い過ぎだ」と思われるかもしれませんが、Avaazが毎年行っているメンバー投票によると、60%を超えるメンバーが「Avaazは素晴らしい」と回答しています。国境やさまざまな障害を越え、皆が望む世界を築こうと愛と希望を胸に賢明で効果的なアクションを起こす人々が集まる、このムーブメントには特別な何かがあります。この奇跡的な何かを、言葉では表せませんが(Avaazチームは“Avaazらしさ”とよんでいます)、それを私は毎日のように感じています。だから、「見たいと願う変化は、私たち自身が起こす」という信念が生まれ、また、力を合わせれば歴史を変えることだってできるという確信を持てたのです。

ご寄付はこちらからお願いします。




Avaaz.org は、世界各国4400万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…